カルチャーヤード出演者

カルチャーヤード[国会前庭北横、レゲエ&DJ&ヒップホップエリア]

レゲエを中心に伝説のRANKIN TAXIのTAXI HIFI SOUND SYSTEMで、DJもバンド演奏もあるクラブ的なエリア。

カルチャーヤード2019ライブ動画!配信

カルチャーヤード出演者チャンネル動画

DJ Kaoruman 11:00〜12:30

 
KAORU Manです。1990年代初頭にレゲエBAR南高円寺ナチュラルミスティックを始めにBARテンダーを勤めはじめる。同時にセレクターも始める。そして各所のレゲエBARやCLUBを流れ勤める。新宿レゲエBAR69、歌舞伎町アイサ&ジャンクション&ゴールデン街ドリーム・リビング・サロン薫、六本木ラスタ・ルーツ・カフェ、沖縄BAR DORAGON'S DEN、新宿三丁目BOB&新宿OPEN。2009年には大阪の心斎橋ItoIへ。 2010年再び東京で活動開始。2013年8月から六本木Kingstone Cafe 'N' Bar(土曜日barテンダー&DJ)。2014年、渋谷・宇田川町レコード街のReggaeレコード専門店Jammers Record (ジャマーズ・レコード)バイヤー 2016年乃木坂カクタススタッフ。 レゲエDJセレクター イベント企画業務 BARテンダー。 Is KAORU Man. South High Yen Temple ナチュラルミスティック, 69, Kabuki-Cho is? & junction & Golden City dream-living room-Salon Kaoru, Roppongi raster roots Cafe, Okinawa BAR DORAGON's DEN, Shinjuku-Sanchome BOB & OPEN Shinjuku. In 2009, to mind Shinsaibashi bridge ItoI of Osaka. Once again started 2010 in Tokyo. And ♪ which became a store manager on Saturday of the Reggae record specialty store Jammers Record of Shibuya and the Udagawa town record town in 2014">KAORU Manです。1990年代初頭にレゲエBAR南高円寺ナチュラルミスティックを始めにBARテンダーを勤めはじめる。同時にセレクターも始める。そして各所のレゲエBARやCLUBを流れ勤める。新宿レゲエBAR69、歌舞伎町アイサ&ジャンクション&ゴールデン街ドリーム・リビング・サロン薫、六本木ラスタ・ルーツ・カフェ、沖縄BAR DORAGON'S DEN、新宿三丁目BOB&新宿OPEN。2009年には大阪の心斎橋ItoIへ。 2010年再び東京で活動開始。2013年8月から六本木Kingstone Cafe 'N' Bar(土曜日barテンダー&DJ)。2014年、渋谷・宇田川町レコード街のReggaeレコード専門店Jammers Record (ジャマーズ・レコード)バイヤー
2016年乃木坂カクタススタッフ。

レゲエDJセレクター
イベント企画業務
BARテンダー。


Is KAORU Man. South High Yen Temple ナチュラルミスティック, 69, Kabuki-Cho is? & junction & Golden City dream-living room-Salon Kaoru, Roppongi raster roots Cafe, Okinawa BAR DORAGON's DEN, Shinjuku-Sanchome BOB & OPEN Shinjuku. In 2009, to mind Shinsaibashi bridge ItoI of Osaka. Once again started 2010 in Tokyo.
And ♪ which became a store manager on Saturday of the Reggae record specialty store Jammers Record of Shibuya and the Udagawa town record town in 2014

earlyセレクター Rah Kawai 11:00〜12:30

らあ川合。DJ。弾き語り。バーテン。新宿オOPENスタッフ。自然を平和を愛するもの。あなたのその苦しみや悲しみはあなたのせいじゃないんだよ!あなたの人生はパーティー!一緒に行こうよ!

DJイチロー51 12:30〜13:30



DJ イチロー51
1974東京で産まれ、平々凡々ノンビリとした10代を過ごす。
20代初め、ウェイラーズの楽曲に出会い、歌の内容に衝撃を受ける。
30を過ぎた頃、東京城南の静かな住宅街でbluemountain cafeをオープン、音楽と生活の自給自足を始める。
約10年間アルコール漬けになりながら好きな音楽と向き合うDJのスタイルを模索し続ける。

Zakkie 13:30〜14:30


大阪生まれ。
DJ、レコードコレクター、JAZZ研究家
7歳でルイアームストロングの曲に感銘を受け音楽を始める。14歳から京都の老舗JAZZ BARでDJ活動をスタート。
30歳から東京に移住し東京のみならず日本各地やアジア、ヨーロッパでもDJをこなす。
プレイファイル、京都 Jazz Tailgate
大阪 house Bump
新宿 New Sazae
恵比寿 次郎長BAR
西麻布 328
原宿 Rock Bar HALF MOON
渋谷 Bar 4
新宿 Reggae / DUB Club OPEN
武蔵小山 Bar 三階
神田 Funky Groove
大阪 King Cobra
大阪 音楽居酒屋 うさぎや
etc
あらゆるジャンルを得意とするオールラウンドDJ

火焔瓶テツ 14:30〜15:30


FREE MUSIC、バンド、The Naokqi Doodah's dADaPhONiCSのVoice担当。詩的表現を排除した即興のアジテーション的Spoken Wordsで様々なジャンルのミュージシャンとセッションを繰り返す。疾風迅雷の単独街宣活動を主に霞ヶ関、永田町界隈で行う反戦、反核、反新自由主義のアクティヴィストとしても知られる。

DJ Nakamura(magatama sound) 新宿二丁目69 15:30〜16:30

1980年代中頃より新宿2丁目にあっ た、レゲエクラブ69で,メインDJを務 める.(97年閉店。)2000年よ り、孤高の天才オ-ガスタス・パブロを 手本にインスト&ダブによるラスタ・ミ ュージックをマガタマ・サウンド名義 で、音源を創りはじめる。

specialDUBポエット宮尾節子 15:30〜16:30


宮尾節子(詩人)

高知県出身。飯能市在住。2014SNSで公開した詩「明日戦争がはじまる」の爆発的な拡散で各種メディアで話題になる。既刊詩集『くじらの日』『かぐや姫の開封』『妖精戦争』『ドストエフスキーの青空』『恋文病』『明日戦争がはじまる』『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』『牛乳岳』・『せっちゃんの詩』。ツイッター連詩「pw連詩組」主催。「日曜詩人学校」「はじめの一歩」「前橋文学館 ことばの学校」等で講座。「劇団こまつ座」「69の会」「SLYP(青山スパイラル)」「福島詩祭」「UPJ6」「ことばのNEWTOWN 渋谷ヒカリエ」等でワークショップ・朗読・講演・トーク。「いとうせいこう is the poet」など音楽家とのコラボによるポエトリーライブをクラブ・ライブハウス・野外フェスなど各所にて行う。第10回現代詩ラ・メール賞を受賞。*クラウドファンディング<宮尾節子 明日の詩集出版プロジェクト>の成功により、今年10月詩集『女に聞け』を出版予定。

ブログ、「晴れときどき宮尾節子」 https://miyaono.exblog.jp

○YouTubeアドレスなど miyao

リキタケマン from 新宿OPEN 16:30〜17:30

1961年東京生まれ。青山MIX、新宿歌舞伎町MC1000、新宿歌舞伎町カタリスト、新宿ゴールデン街エッジを経て、現在新宿二丁目レゲエクラブ【OPEN】のオーナーバーテンダー。たまにDJ。マンチーズのフロントマン。

DOUBLE―H(渋谷ジャマースレコード) 17:30〜18:30


RANKIN TAXI 18:30〜19:30

 日本のレゲエ・ムーヴメントの先駆けであり牽引役であり、60歳を越えた現在もバリバリの現役としてシーンを煽りつづけるオリジネーター。1984年からレゲエDJとして活動し始め、サウンド・システムTAXI HiFiを結成。そのレゲエに対するアプローチは、真摯かつユーモアに溢れているが、ときに過激でもあり、まさにレベル(反抗)ミュージックの体現者としての一面も持ち合わせている。
その言動はジャンルを超え様々なアーティストに影響を与えており、彼をリスペクトする支持者も多数。また、アコースティック・デュオRANKIN TAXI&NODATIN(通称ランチン)としても、意欲的に全国を巡る。2010年にはほぼ全面的にサウンド・システムをリビルド、61cmウーファーを採用して他に類を見ない重厚なスピーカー・システムに完全リニューアル。さらに2012年夏、そのウーファーを本格的バックロードホーンに改造して、野外で雄大に鳴り響くシステムを完成させるなど、サウンド・マンとしても活躍する。2013年に記念すべき60歳を迎えたランキン・タクシー、還暦記念アルバムのリリースを今夏に予定している。(アルバムリリースは2015年春になりました。)